--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/22 11:23

あなたは・・・大丈夫?

けんがいくん

皆様こんにちわ!

いつも弊社ブログを読んで頂き有難う御座います!

いつも同じ様な始まり方で申し訳御座いませんが、寒々しい日が続きますね!

今日なんて今にでも雪がチラつきそうな勢いの寒さですよね!

手袋とマフラーと・・・男性なら股引(ももひき)無しでは外出は出来ませんね!

けんがいくん!非常に好調に御陰様で売れております!

やはり、今や携帯電話とそれに付随する携帯電波は常に見えない糸で結ばれている様で、沢山の方からの問い合わせが殺到しております!

このブログ経由もそうですが、やはり、『口コミ』パワーも侮れず、電話が鳴り止みません!

有難う御座います。

さて・・・今日は何を書きましょうか・・・そうですね!先日私健康診断を受けたんですね!

そしたら結果は残念な事に完全なメタボリック症候群にノミネートされてしまい、かといって今更、毎朝10キロの走り込みなんてまず無理です!仕事もありますし・・・←只の言い訳ですが・・(笑)

ですので、今日は今若い世代を襲っている成人病の元となる『メタボリック症候群』について書いてみようかと思います。


■肉好き・脂好きのメタボ諸氏に朗報?大正製薬が開発する“やせ薬”の難易度

 2008年度に“メタボ健診”が導入された事もあって、肥満に対する関心が急速に高まっています。景気後退で処方箋無しで買えるOTC医薬品(大衆薬)の売り上げが前年割れとなる中で、漢方薬が前年比15%前後の伸びを記録しています。ナイシトール85、コッコアポA錠といった“やせ薬”が牽引しているからの様です。

 この伸び盛りの市場を狙って大正製薬が開発を始めるのが、抗肥満薬「オルリスタット」です。オルリスタットは、脂肪分解酵素を不活性化し、脂肪吸収を阻害する効果がある薬です。この度、英グラクソ・スミスクラインから、日本における開発・販売権を取得しました。

 このオルリスタットは、医療用としては「ゼニカル」の名でスイスのロシュが、OTC医薬品としては「アリー」の名で英グラクソ・スミスクライン(GSK)が販売しています。大正製薬は医療用、OTC医薬品、両方の権利を取得していますが、最終的に狙うのは勿論、市場が大きいOTC医薬品としての販売の様です。

 肥満人口が多い米国では、2007年7月にGSKが売り出したアリーは、発売後わずか半年で298.5百万ドル(約270億円)もの売上高を記録しました。日本の市場を3分の1と見積もっても90億円にもなる。10億円売れればヒットと言われるOTC医薬品では十分過ぎるスケール感だ。

 では、製品化まではどの位掛かるのでしょうか?現時点では、医療用から先に開発して一般用に転用するスイッチOTC方式と、直接OTC医薬品として開発するダイレクトOTC方式の二つが検討されています。医療用でもOTCでも、海外では既に発売されている薬である為、4~5年もあれば市場に投入出来そうなものですが、現実はそう簡単では無いようです。

 この薬は、吸収されなかった脂を便と一緒に脂便として排泄させるものです。そもそも日本人は小柄な上、欧米人ほど食事で大量の脂を摂りません。効き過ぎれば副作用として下痢に似た症状を引き起こしますし、効かなければダイエット効果が無いと判断してしまい、その為薬の用量設定を独自で且つ、慎重に行なう必要がある様です。

 更に、日本の肥満ガイドラインに則った追加試験も必要になります。かつて医療用薬として開発していた中外製薬が開発を中止した際には、こうした「開発のハードルの高さ」が問題になりました。

 ダイレクトOTC方式にも前例があります。日本で最初且つ、唯一のダイレクトOTC医薬品である「リアップ」は、メーカーや当局の不慣れな部分もあって、1985年の契約から発売までじつに14年も掛かりました。

 今年から新販売制度が導入される等、当時とは環境が異なりますが、何処まで開発・審査機関を短縮出来るかは今のところ未知数の様ですね。

 肉好き、脂好きなメタボ諸氏には、待ち遠しい薬ですが、登場迄には暫く時間が掛かりそうですね。


スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

<< 中田英寿復活! | ホーム | 派遣村・・・他 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

会社概要

■会社名 
株式会社タリム 埼玉支店

■住所 
埼玉県さいたま市緑区東浦和2-73-1 
                                                   ■TEL 048-875-8071
■FAX 048-677-3290

URLはこちら

代理店募集です。

最新記事

けんがいくんの効果

お客様の声

お問い合わせ

カテゴリ

ご来店ありがとうございます。

あなたは 人目のお客様です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。