--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/18 16:59

ネットいじめ

けんがいくん

皆さん!こんにちわ!
いつも弊社ブログを読んで頂き有難う御座います!
今日はテーマを『いじめ』に絞ってみました!
いじめといっても『陰湿』で『卑怯』で『残酷』ないじめ・・・
そうです!インターネット掲示板等を使った『ネットいじめ』について今日は書こうかと思います!


 最近、ちょくちょく新聞の三面記事やニュースを賑わせているのが『ネットによるいじめの自殺』ですね!本当に残忍で残酷で、私達が子供の頃には有り得なかったいじめで子供達がいじめを苦に自殺しています!
 此処10数年でPCが普及し、携帯電話が大人から子供迄当たり前の様に所有する者が増え、同時に携帯電話やPCが発達すると同時に、コンテンツも豊富になり、非常に便利な世の中になりました!
PCや携帯コンテンツでよく見かける『掲示板』。最初の頃は『情報交換』の場所として非常に便利な『ツール』の一つでした。
しかし、この掲示板を利用して爆発的にHITしたのが『出会い系サイト』!この出会い系サイトも出たての頃は、まだテレクラがあり、テレクラが優勢でした!なぜかと申しますと、今の携帯電話よりも非常にパケット通信料も高く、サクラも存在しませんでした。サクラをするにしても高額なパケット通信料を支払って迄人を騙す旨みが無かったからなんですね!
 そして、携帯事業者が殆ど一斉に始めた『パケット使いたい放題/定額制』が出てきた頃から出会い系サイトに陰りが出てきました。そうです!多くのサクラと低年齢層の売春問題です!


 そして・・・最近、最も問題視されているのが『ネット掲示板によるいじめ・・・ネットいじめ』ではないでしょうか?普段面と向かっては言えない事も掲示板には書き込める・・・掲示板の書き込みによる誹謗中傷等は『文字』という『形』で残ってしまい、誹謗中傷された側からすれば、いつまでも記憶に残り、非常に心を痛めます。誹謗中傷する側は大概が『面白半分』『友達がやっているから』『単純にむかつくから』と安易な気持ちで書き込みが出来、しかも匿名性が非常に高く、誰が書き込んだのか判らない!確かに、徹底的に追求してログを追い掛ければ、犯人特定も可能ですが、とてもとても世界中の人を追い掛ける事等不可能です。

 一時期問題になりました『2ちゃんねる』での書き込みも問題視され、此処に書かれた出鱈目のガセネタを取引先に閲覧され、取引を中止させられたり、嫌がらせでの書き込みで会社倒産に迄追い込まれたりと非常に問題があります!
 最近ではやはり学生による『学校【裏】掲示板』ではないでしょうか?
私も何校か学校の裏掲示板を閲覧しましたが一言で言わせて貰うなら・・・『酷い』ですね!
とても社会人でも此処迄はしないだろう・・・と言う様な『えげつない内容』の数々・・・
特に女生徒による女生徒に対するいじめの書き込みは酷く、十中八九原因は『男絡み』でしょう・・・
そして、制裁を受けた女生徒の顔と裸と性器の写真・・・そして、住所/電話番号を晒し、こんなのが横行していいのかと管理者に問い合わせた所、『掲示板の内容に関する規制は無い!管理はしているが基本的に自由』という回答!此処迄されたら死にたくなる・・・気持ちになるかも知れません・・・
陰湿で暴力的で、1人では何も出来ず、集団になると牙を剥く・・・本当に情けない時代ですね!

 私達が学生の頃は確かにいじめもありました!
しかし、今の様に陰湿ではなく、そして絶対的に怖かったのが『体育の先生』ですね!
もし、いじめなんてばれたら、次の日学校での宿直室での説教→時にはビンタ・・・
でも、私達の頃はそれでも先生方を殴るなんて事は無かったですし、自分達が悪い事をしたのだから当たり前という考え方でしたし、素直でしたよね!
先生方も無闇には叱り付けず、良い事をすれば大いに褒めてくれて私達は幸せでしたね!
今の時代を生きる小中学生はある意味『インターネット』等という闇の世界を知ってしまったが為に不幸ではないでしょうか・・・


■うちの子がネットいじめするかも

 高校生の子供を持つ親の17%が、自分の子が『ネットいじめ』をするかも知れないと心配している事が、フィルタリングやURLデータベース化事業をしている『ネットスター社』(東京都渋谷区)の調査で分かった。一方、高校生は32%が『ネットでは面と向かって言えない事も書き込める』と、ネットでのコミュニケーションの特質を認識していた。

 調査は08年9月9/10日の2日間、高校生の男女計約1200人/高校生の子供を持つ男女計約1200人にウェブアンケート方式で聞いた。回答者の割合は学年/男女共にそれぞれ均等。高校生のうち、インターネットへの接続方法は、パソコンからが6割で、パソコンと携帯電話が同じ位が25%、携帯が多いのが10%だった

 子供のネット利用について、保護者が心配しているのは『長時間利用』が一番多く49%だったが、『ネットいじめをする』(17%)/『知らない大人を誘う』(9%)/『知らない同年代の友達を募集する』(10%)等、加害者になる懸念も少なくない事が分かった。子供がネット上で知らない人と出会った経験があると思っている親も13%いた。

 しかし、子供の携帯電話の利用状況について、親が把握しているのは『料金』の94%が最多で、『サービス』は4割、『利用サイト』は2割に過ぎない。子供が作成しているブログやプロフにどんな個人情報を掲載しているか『全く知らない』『掲載している情報は無い/サイトを作成していない』と思っている保護者が合わせて7割に上った

 一方、中高生に人気の『モバゲータウン』は、高校生の56%が見た事があるが、親は21%。ネット上の自己紹介サイト『前略プロフィール』や『ニコニコ動画モバイル』は4割近い高校生が見た事があるのに対し、親は5%以下で、高校生がアクセスしているサイトを、親は殆ど見ていない。

 プロフやブログ更新等の為、携帯電話からネットを使っている高校生は42%/男女別では女子の割合が高く、58%に上る。高校生が自分のプロフで公開しているのは『性別』『年齢又は学年』が7割以上、学校名29%、自分の顔写真21%、フルネームも11%いた。高校生が載せている個人情報の内容は、同じ参加型サイトでもプロフ/ブログ/SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)/掲示板でそれぞれ違う。どの参加型サイトでも、性別や学年を掲載している割合が多いが、全体的にプロフへの掲載率が最も高い逆に最も低いのが掲示板で、高校生が掲示板を警戒している事が読み取れる。

 又、プロフやブログを読んだり、書き込んだりする時、高校生の32%は『ネットでは面と向かって言えない事も書き込める』と感じていた。『いつもより強気に出てしまう』(16%)『みんなに注目されたい』(15%)等、ネットでのコミュニケーションの難しさをを認識している事が伺える。
スポンサーサイト

テーマ : 教育 - ジャンル : 学校・教育

<< 異業種交流会 | ホーム | 新機種続々登場 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


イジメ解決マニュアル!いじめ克服法!

もしお子さんが、いじめを受けているなら、手遅れになる前に、今すぐ解決しなくてはいけません!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■児童カウンセラーが教える「5つのイジメ解決法」■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■口コミやマス...

これはどうですか 2008/12/23 19:43

 BLOG TOP 

会社概要

■会社名 
株式会社タリム 埼玉支店

■住所 
埼玉県さいたま市緑区東浦和2-73-1 
                                                   ■TEL 048-875-8071
■FAX 048-677-3290

URLはこちら

代理店募集です。

最新記事

けんがいくんの効果

お客様の声

お問い合わせ

カテゴリ

ご来店ありがとうございます。

あなたは 人目のお客様です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。