--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/18 11:56

docomo携帯電話の挑戦

けんがいくん
皆様!こんにちわ!
天気がはっきりしない今日この頃ですが、如何お過ごしでしょうか?
昨日は、衝撃的なニュースが流れましたね!
『NTTdocomo新機種ぞくぞくリリース』
まぁ・・・私個人的には余り新鮮さは期待していませんでした!
ぶっちゃけた話をすれば、今の世の中ケータイに少し前の様な『驚き』『新鮮さ』『斬新さ』は今は無いじゃないですか?どのキャリアでも『一緒』!そんなイメージが付いてきてしまっている携帯電話事業!果たして何処までケータイは進歩するのか?
私的には既にこの業界はやり尽す所までやった様な気がしてなりません!本来の『電話機』としての枠を大きく外れ、カメラが搭載され、インターネットが出来て、テレビが見れて、音楽が聴けて、更にGPS機能迄搭載されちゃってますから位置情報迄管理されちゃって仕事サボれないでしょ?みたいな処まで来ちゃいましたよね?
年寄りじみた発言をしちゃいますが、
『本当に此処まで機能は必要なの?』
と聞きたいですね!

数年前迄は此処迄高性能な携帯電話なんてまず存在しませんでした!
最初に衝撃を受けたのはやはりメール機能でしょうか・・・私自身『ポケベル世代』ですので、ポケベルに文字入力が出来ると聞いただけで衝撃を受けたものでした!本来営業マンが会社から強制的に持たされて否応無しに会社側に管理されてポケベルを切りたくなる様な衝動に駆られていたものをいつの間にか一般人が、しかも女子高生をターゲットにしてリリースしたのが大ブレイク!ポケベルも普通に1人一台世代が終わるか終わらないかのウチにケータイが登場!ケータイもそうですよね!
昔は何処かの社長クラスの人間が専用送迎車の中に車載電話として搭載され始めたのが始まりで、大方個人で持ち歩くならバブリー世代の所謂富裕層のみでした!

富裕層の連中がこれ見よがしにセカンドバッグに弁当箱の様なでかいケータイを忍ばせて、わざとらしく公衆電話の前でケータイで話をするのが『ステータス』でしたよね!キャバクラ等に出向いてもセカンドバッグの中のケータイが鳴り響くだけで正に注目の的でした!
私の記憶が正しければ、当時のケータイは異常に高価なものでレンタルかリースかでした!買い取るとしても20万はしましたし、基本料金も今の様な『●●割引』なんてものは存在しなく無条件で基本料金は30000円はしたと思います!更に1分100円で、とても庶民には手は出せない代物でした!
それに今では探すのが大変になった『公衆電話』が乱立していて、わざわざクソ高いケータイなんて使わずともテレフォンカードさえ持っていれば楽々電話に関しては問題ありませんでした!
しかし、時代は流れありとあらゆる機器が小型化され、携帯電話自身も僅か数年で激動の様な変貌を遂げ今の様な形に落ち着きました!料金プランも激変し、今は何かにつけて『●●割引』されるので実質エンドユーザーの私達に対する負担は少なくなりました!
携帯電話事業者にとって一番の旨みは正に通話料と通信料の徴収なんですね!
いかに長く携帯電話を使って貰いサービス使用料を徴収するか!これがどの携帯事業者でも同じ事が言えると思うんですね!
しかし、今の携帯電話はサービスも多々ありますが、携帯電話明細書をしみじみ見ると確かに割引もありますが、何かにつけて『●●手数料』というのがやたらと目に付きますよね!
私が最初に理解に苦しんだのが
『ユニバーサル料金:7円』
これが意味が判りませんでした!この件に関して問い合わせをしたところ
『携帯事業者に対しての料金です!要は携帯電話のアンテナ(ビルの屋上等に乱立しているアンテナ)等の保守費用みたいなものです!どのキャリア様でも同様に徴収しております!ウチ(au)だけでは御座いません』
との事!は?なぜ携帯電話のアンテナ保守費用をエンドユーザーが?意味が判りませんよね?保守費用や維持費なんてものは事業者が管理して事業者が何かあった時の負担をするのが当たり前じゃないですかね?まぁ・・・総務省がそれを認めているのですから・・・総務省に私個人が牙を剥いた所で何がどうなる訳ではありませんけどね・・・只・・・でかいですよね!
7円×携帯所有者数千万人
1円でもでかいですよ!だって無条件に入る訳ですからね!
後・・・携帯電話の割引サービス使用に伴う『2年縛り』と『携帯本体に対するローン』これは痛いですよね!確かに割引サービスは素晴らしいと思いますが、割引サービスに対する縛りと昔はゴロゴロあった0円携帯を無くしての携帯電話本体に対するローン!解約しても一括で買わない限りいつまでも・・・と言っても最大二年ですが、引き落とされるこの不愉快感・・・更に、auで言う『フルサポートコース』を選んだ場合の違約金ですね!何だかんだと言いながら安く見せておいて実は意外と高く付く携帯電話・・・理由は様々あると思いますが、もう少し安くならないものですかね・・・
スポンサーサイト

テーマ : 携帯電話 - ジャンル : 携帯電話・PHS

<< docomo携帯2008年冬バージョン | ホーム | 今現在の携帯電話・・・ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

会社概要

■会社名 
株式会社タリム 埼玉支店

■住所 
埼玉県さいたま市緑区東浦和2-73-1 
                                                   ■TEL 048-875-8071
■FAX 048-677-3290

URLはこちら

代理店募集です。

最新記事

けんがいくんの効果

お客様の声

お問い合わせ

カテゴリ

ご来店ありがとうございます。

あなたは 人目のお客様です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。