--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/28 15:53

携帯電話の存在感

http://first.freespace.jp/tarim/index.html

皆様こんにちわ!

日々弊社が提供する『けんがいくん』が御陰様で売れています!

今日は携帯電話の普及率についてお話します!

携帯電話の普及率

情報化が進んだ現代では知らない人は居ないと思われる携帯電話。
略して『携帯』は一人に一つという割合で現代社会に溶け込んでいる情報機器の一つとなっている。
今回、その誰もが持っている携帯電話について語りたいと思います。


携帯と言えば何処でも場所を問わず通話が可能というのが一つの特徴となっている。
それは今の携帯しては既に当たり前の事であり、今の情報化社会の中ではそれだけでは生き残れないのは明白です。そこで携帯会社はその会社特有の機能を携帯に取り入れる事によりこの社会を生き抜いていると言えるでしょう。そして、この携帯戦争とも言える激しい争いを生き抜き勢力を伸ばしているのがAU、docomo、Softbankなどの大手メーカーです。


最近の携帯は音楽が聴けたり、動画が見れたり、メールが出来たりという機能が標準装備になっていますが、実際、携帯という電話をするのが目的である筈なのにも関わらず様々な機能が付いたのだと驚愕してしまう。それだけ携帯というのは現代人のニーズに応えて様々な進化を遂げた情報機器なのだと考えさせられます。
しかし、携帯にも問題は存在する。ページを開いただけで多額の請求などが送られてくるワンクリック詐欺などである。
これらもまた誰もが持っている携帯だからこそ起こってしまう事なのだろう。
危険だからといって携帯を手放すにはリスクが多すぎる。それは今まで何処でも通話が出来る機能や音楽を聴く機能など生活に役立つ機能も一緒に破棄してしまうということだからだ。そして一旦その便利さが分かってしまえばもう手放せなくなってしまい、それがやがて携帯依存症へとなっていくのだろう。そんな危険性を持っている携帯を手放す事は出来ないだろう。何故なら携帯はその存在感ゆえに人々を魅了して止まない情報機器の地位を獲得しているからだと考えられる。


2000年当初はdocomoを先頭にSoftbank、auの順だったが。2004年にはdocomoを抜きauが先頭に立ちdocomo、Softbankの順番になっていった。この2000年から2004年の間にauは急速に台数を増やしトップへと君臨しました。そして今も尚、上位争いをしているのはauとdocomoの両社であり、様々の機能や制度を作りだし上位を狙っている。
このように携帯が急速に普及したのは各社が作り出した多くの機能や定額制などによるWebの利用頻度の上昇が携帯の価値を上げ、現代人のニーズに応えていった事が普及率を急速に上げた原因だと考えられます。

これから先、携帯による情報社会への影響は甚大な物になっていくでしょう。それは多くの人々の手に渡り、携帯を持つ事で世界に繋がる環境を得る事によりそこから何か大きな物へと発展する可能性を秘めているからです。また、メールや通話などの場所を問わずに相手に情報を伝え合う事が出来るという便利さがこの先も人間を携帯へと執着させ、新たな情報機器を確立させることでしょう。



スポンサーサイト

テーマ : 携帯ツール - ジャンル : 携帯電話・PHS

<< 小中学生に必要? | ホーム | 携帯電話/固定電話について >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

会社概要

■会社名 
株式会社タリム 埼玉支店

■住所 
埼玉県さいたま市緑区東浦和2-73-1 
                                                   ■TEL 048-875-8071
■FAX 048-677-3290

URLはこちら

代理店募集です。

最新記事

けんがいくんの効果

お客様の声

お問い合わせ

カテゴリ

ご来店ありがとうございます。

あなたは 人目のお客様です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。